学校法人 伝香寺学園 いさがわ幼稚園

>トップページへ

幼稚園について 保育時間 入園案内 年間行事 幼稚園のあれこれ 在園の方専用 伝香寺

 いさがわ幼稚園は、口演童話家として活躍し、日本のアンデルセンと称された久留島武彦先生の勧めにより、子供の守り仏・裸地蔵で知られる伝香寺に、昭和28年に開園しました。
 以来、お話を大切にして、子供たちの心を育てる姿勢を受け継ぎ、今日に至っております。
みほとけさまや、大きな木に見守られ、子どもが子ともらしく身につけるべきことを身につけ、いきいき ・ のびのび と自分の力を発揮しながら生活できる園でありたいと思います。
 
詳しくは、お電話にてお問い合わせ下さい。TEL:0742-22-5873

1年保育 5才児(誕生日が2016年4月2日〜2017年4月1日) 若干名 
2年保育 4才児(誕生日が2017年4月2日〜2018年4月1日) 若干名
3年保育 3才児(誕生日が2018年4月2日〜2019年4月1日) 約40名
 ●願書・募集要項の配布 募集要項(1号)・願書は幼稚園窓口にて配布中です。

 ●願書提出 2022年9月2日(金)〜9月8日(木)
  
         
  幼稚園窓口にて受付いたします。願書に考査料3,000円を添えてご提出下さい。
 

 ●面接日   2022年9月下旬(予定)

 
 生活習慣には、各ご家庭でしつけるべきこともあれば、幼稚園という集団生活の場でしか身につかないこともあります。両者で連携をとりながら、良い生活習慣を身につけた子どもたちに育って欲しいと願っています。
 園のトイレを正しく使う ・ 外遊びの後や食事の前に手を洗う ・ うがいをする ・ 食後に歯を磨く など、幼児が園生活の中で必要とされる衛生に関する習慣が身につくよう指導をしていきます。園内での着替え ・ 自分の持ち物や身の回りの始末 などを、少しずつ自分の力で出来るように援助していきます。
 幼稚園という集団の中で、みんなが共に楽しく過ごせるよう、優しい気持ちを持つこと ・ みんなで力をあわせることの喜びを実感できるよう努めます。
 人や生き物を愛する温い心を持てるような指導をしていきます。
 色々なものを良く見て、気づき、考え、その思いを人に伝えること ( 表現 ) が出来るようになることを大切にします。表現の方法は、言葉 ・ 描写 など、色々ありますが、表現しようとする気持ちそのものを評価していきたいと思います。
 当園では体育活動や童話を聞く活動、制作活動など年齢に応じたいろいろな体験を計画しておりますが、粘り強く最後までやり遂げる強さを身につけ、ぐんぐん伸びていく子供をめざします。
このページのトップへ
★ 久留島童話会による童話の日など、お話や絵本に触れる機会を多く設け、お話の世界を大切にします。
★ 保育時間内には、スイミング書き方お習字英会話体験体育あそび茶道体験など、専門講師指導の下で各年齢に適した活動をします。
★ ピアニカ ・ 打楽器 ・ 和太鼓 などの体験、自然や草花の成長に触れる機会などを設けることで、色々な体験が出来るうに心がけています。また、季節毎にある行事を大切にしています。
★ 保育終了後に、預かり保育の制度を設けています。
★ 子ども ・ 保護者 ・ 教師の三者が、ともに育ちあえる場所であるよう努めています。
 在園中は、下記の保育料を毎月お支払いいただきます。
入園受入準備金 保育料/月 給食費/月
50,000円 無償 (1号)7,000円 、(2号)8,000円

 ※1 お仕事の都合等、特別な事情がある場合に限り、午前7時30分から登園して頂くことも可能です(有料)
 ※2 保育後、午後6時30分までの預かり保育(有料)をおこなっています。
 ※3 行事等の関係で、一日保育であるはずの曜日が半日保育に変更される場合もあります。

登園開始 1日保育 半日保育
午前8時30分 午前9時 〜 午後2時 午前9時 〜 午前11時45分

令和4年度より、昼食は毎日“自園調理の”給食となります。 

※ 行事等の関係で、内容が変更される場合もあります。(遠足の日はお弁当等) 

このページのトップへ
希望者には保育終了後、下記のようなクラスがあります。
  ピアノ 体育 英語 書き方
年少組(満3歳)         
年中組(満4歳)
年長組(満5歳)
奈良市・郡山市・生駒市・天理市・京都府木津川市などに住所のある人は、保護者の納める税額によって助成金があります。
☆ 令和4年度の入園説明会について

決定次第お知らせ致します。

☆ 令和4度のプレ幼稚園について

   いさがわ幼稚園 令和4年度《前期》プレ幼稚園のご案内

☆ 令和3年度のパオパオ教室について

   いさがわ幼稚園 令和4年度《前期》パオパオ教室のご案内

このページのトップへ